夢と芸術

「芸術」と「夢」という言葉は自分の中ではほぼ同義語なのだが、少し前からこの言葉の意味が分からなくなってきている。

夢は遠くから離れて見るとキラキラして見えるのだが近くに来てみるとそこには何も無いのだ。まるで虹のようだ。

でも離れれば離れるほど輝いて見える。

あそこに何かあるはずだ。行けば分かるはずだ。

でも近づけば、あれ?この辺だったはずなんだけどな・・・

何も無いそこから離れられない。

 

われわれはどこから来たのか

われわれは何者か

われわれはどこへ行くのか

 

この言葉にずっと惹かれている。

今日、久しぶりに高校時代の友人達と会って、この言葉がまた浮かんだ。

 

 

*このサイトはリンクフリーです。