浮世絵が日本画の最高峰??

よく浮世絵が好き、とか外国人が浮世絵を素晴らしいと絶賛する声を聴く。

構図・色彩・確かにその魅力は奥深いものがある。

ただ浮世絵を日本美術の代表格のように扱うのはやめてほしい。

そもそも初期の浮世絵師は絵を狩野派に習っていたはずだし、その本質は大衆芸術だ。大衆に売れるかどうかが重要な意味を持っていた。

また恐らく絵を教えていた師も狩野派のエリートグループから外れた絵師達だろう。

当時のトップ絵師は恐らく障屛画等違う仕事をしていたのではないか。

もちろん浮世絵の発達とともに一ジャンルとしてその中で偉大な作家は出現したと思われるし、他ジャンルにも影響を与えたのも事実だ。

印象派が目にしたのは、たまたま持ち運びと流布が可能な浮世絵で、さらにその色彩と構図は大いに彼らのエキゾチズムを刺激したと思われる。

しかし、だからといって浮世絵が日本画の最高峰とは言えるだろうか。

(つづく)

 

コメントをお書きください

コメント: 2

*このサイトはリンクフリーです。